下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏技とは、下取りは必ず一括査定を使うという方法です。

ディーラーで30万円と言われた下取りが
買取業者で80万円になること多々あります。

一括査定サイトを使うことで、買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を競合し無料査定してくれます。

その結果、その買取価格が吊り上がることがよくあるんです。

車の査定後回しは損・損・損ですよ!

車を購入する際に、試乗をして乗り心地や使い勝手を確認するのは重要なポイントですよね。

実際にヴォクシーに試乗した人たちは、どのような感想を持っているのでしょうか。

また、実際に試乗する際には、どこに着目すればいいのでしょうか。

この記事では、ネット上での実際に試乗をした方の評価に見ながら、ご紹介していきたいと思います。

(引用:https://gazoo.com/impression/r315015.html)

 

スポンサードリンク

ヴォクシー試乗レポートはどう?

 

そもそも、ヴォクシーとはどのような位置づけの車なのでしょうか。

ヴォクシーとは、トヨタ自動車が発売した、ミニバン型の乗用車です。

もともとは「ライトエース・ノア」の後継者として発売されたもので、2001年に初代が発売されました。

何度かフルモデルチェンジが行われており、現在発売されているのは3代目です。

それでは、実際に試乗をした方はどのような感想をいだいているのでしょうか。

まずはエクステリアについて。

エクステリアに関しては、スポーティーでごつめなデザインが人気です。

試乗をするための、他の車が並べられている中でもひと際目立つデザインのようですね。

次にインテリアについてです。

(引用:https://toyota.jp/voxy/interior/)

インテリアに関しては、安っぽい印象を持つ人も多いみたいです。

エクステリアが豪華な分、拍子抜けしてしまったというレポートもありました。

ただし、使い勝手としては、まずシートは消臭機能付きになっているようです。

試乗の時間だけでは、実際どのくらいその機能が持つのかは分からないですが、家族連れが購入することが多いであろうミニバンのヴォクシー。

小さなお子様は色んなものをこぼしてしまいがちですから、消臭機能がついているのは便利ですよね。

また、ルームランプの部分にはプッシュで開閉可能なサングラスケースがついているそうです。

乗り心地に関しては、まず乗り込むときにひょいっと乗り込みやすかったという意見がありました。

これはヴォクシーの低床フラットフロアによるものですね。

地面から昇降口までの距離は運転席で390mm、2列目シートでは360mmで設定されています。

大きな荷物を持つお母さんや、小さなお子さんやお年寄りでも乗り込みやすい設計となっています。

また、ヴォクシーは自在なシートデザインが楽しめるという点が特徴の一つです。

(引用:https://toyota.jp/voxy/interior/)

例えば、2列目シートを前のほうに移動させることで、みんなで会話を楽しんだり、2列目シートと3列目シートを横にして仮眠をとれるようにしたりといった風なことができます。

シートを移動させたり、倒したりといった作業は女性でも簡単にできるようになっているようで、満足される方も多いようです。

また、3列目シートの広さに感動したという声もありました。

通常窮屈になりがちな3列目シートですが、体を縮こめる必要もなくゆったりとした座り心地という意見が目立ちました。

また、実際に走るときに関してですが、視界が良いという意見がありました。

ミニバンは、車高があるため視界が悪く運転しづらいといったものがよくあるのですが、ヴォクシーの場合はそういったことにも配慮して、運転席からの視界をよくするために窓を大きめに作っているようです。

(引用:https://www.sankei.com/premium/photos/170812/prm1708120001-p49.html)

 

また、インパネが低く設計されているため、さらに視界も良いようです。

乗り心地に関しては、上下に揺すられるような印象があるといったレポートがありました。

また、段差を乗り越える時や、道場が少し不安定な場所だと振動を感じやすいということも複数のレポートで見られました。

 

しかしながら、ミニバンはどうしても車高があるためそういったことが起こりやすく、他のミニバンと比較すると安定しているという意見もありました。

加速性能に関しては、発進がスムーズにでき試乗コースの一般道でストレスを感じることは少ないというレポートが多かったです。

スポンサードリンク

ヴォクシー試乗評価はいいか?悪いか?

ヴォクシーの試乗評価は良いでしょうか、悪いのでしょうか。

いくつかのレポートの意見をまとめると、

エクステリア:スポーティーでかっこよいデザインはファンが多く人気

インテリア:見た目は少し安っぽい印象。

だが、シートに消臭機能がついていたりサングラスケースがついていたりと便利な部分が多くある。

乗り心地:低床フラットフロアのおかげで乗り降りが楽。

シートアレンジができて、使い勝手が良い。

3列目シートがゆったり座れる。

ミニバンだが、視界がよく運転しやすい。

走行性能:加速に関してストレスは感じない。

上下の振動が気になるが、他のミニバンと比べると安定している。

上記のような形になります。

評価としてはおおむね良いといえるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

ヴォクシー試乗のポイント

上記に、複数の試乗レポートをまとめましたが、感じ方は人によって違う部分もあるため購入前に必ずご自身で試乗を行うことをお勧めします。

そこで、試乗する際のポイントをいくつか記載したいと思います。

まず、試乗の際には家族や友達等と一緒に行って一人では行かないということをおすすめします。

自分一人だけだと気が付かないポイントもありますし、人によってはなかなかディーラーに突っ込んだ質問をしにくいという場合もあると思うので、信頼のおける誰かと一緒に行くのが安心でしょう。

そして、試乗の中身ついては下記の点をメインで確認することをお勧めします。

まず、走りについて

加速は問題なくできるかどうか。

アクセルやブレーキの感覚はどうか。

音はうるさくないか。

ヴォクシーは、騒音を排除するように工夫がされているため走行中は静かで、また加速性能にもストレスを感じないという意見もありますが、やっぱり自分で体験してみることが大切です。

次に座り心地や運転しやすさも大切です。

長距離移動を目的に購入する場合は、長時間乗っていてもストレスを感じないか

視界は良いかどうか

広さは十分かどうか

メーターは見やすいかどうか

特にシートの座り心地に関しては、試乗の短い時間では分かりにくい部分もありますが、ヴォクシーのシートは少し硬めという意見も多いです。

人によっては合わない方もいるでしょう。

しっかり確認するのが良いと思います。

また、想定している使用人数やそれぞれの体格等によっても必要な広さも変わってくるため、しっかり見極めることが重要です。

そして、トランクルームの広さも確認しておきましょう。

ヴォクシーは、3列目シートを畳めば自転車2台分くらい入るほど、荷物置き場は広いという評判ですが、実際使う時に何を荷台に積むかということは人によるため、目的に合った広さかどうかを見極めることも大切です。

また、車体の大きさ確認しましょう。

駐車場には問題なく入りそうか、運転する際にストレスを感じないくらいの大きさかどうか、また小回りはきくかどうかというのも確認したほうがいいでしょう。

ヴォクシーをはじめとするミニバンは、ファミリーカーとして十分な広さがあるということが魅力ですが、使っている駐車場に入らない、もしくは大きな車を運転したことがない方で車体が大きすぎてうまく扱えないということがあっては大変です。

その点もしっかり確認してください。

また、最後にエクステリアも気に入るかどうか実物を見てみることが重要です。

一度車を購入したら、長く付き合っていることになりますから、見た目が気に入るかどうかというのは非常に重要なポイントです。

もちろん、カタログやサイト上でイメージ画像を見ることはできます。

また、ヴォクシーは見た目がかっこよくて好きという人も数多く存在する車種です。

でも、サイトで見るのと実物のイメージが違うということもありますし、人気だからといって自分が気に入るとは限りません。

エクステリアについても、実物をきちんと確認することが重要です。

 

(引用:https://response.jp/article/2017/11/05/302089.html)

ヴォクシー試乗しての感想

ヴォクシーを試乗した感想としては、上で紹介した通り概ね良好な意見です。

特に、エクステリアに関してはそのスポーティーでファッショナブルな見た目にファンになる人も多いようです。

乗り心地に関しても、シートアレンジや広々とした室内、乗り降りしやすいデザインは人気です。

ただしインテリアや走行性能に関して若干不満を持つ人もいるようなので、ご自身で試乗して確認することが重要です。

家族が全員乗ってもストレスがない広さなのか、駐車場に無理なく入る大きさなのかどうか、走行機能は想定している使い方にマッチしているのかどうか。

他の人の感想を参考にするのももちろん大切ですが、試乗をするときには、実際に使うときのことを考えながら確認をする作業が最も重要です。

【トヨタ voxy】が値引き金額から更に50万円安くする裏ワザ!

ヴォクシー、やっぱりカッコいいです!

https://autoc-one.jp/news/3388945/

ヴォクシーのボディはシャープで洗練されているので、走り屋の希望を叶えてくれます。

それでいて、手頃な価格の設定になっている。
また、乗り心地も良いと評判になってますので、家族で出かけるならヴォクシーは最高のミニバンです。

私も、家族で出かけるために新車ヴォクシーが欲しくなり、グレードや燃費など調べていました。

 

車を購入する時って、楽しいですよね。

しかし、ここで一気に現実に引き戻される出来事が!

欲しい車となればグレードは高くなってしまいしまい、オプションを付ければ

予想をうわまる金額になってしまう。

車を買う時には、よくあることですが残念な気持ちになります。

 

   ・新車欲しいけどやっぱり諦めたくない。

   ・どうせならグレードも高いほうがいい。

   ・オプションも付けたい。

   ・でもでも、欲しい車は高くなってしまう・・・

   ・値下げ交渉も苦手

   ・あちこち回るのも嫌だ。

と、悩みは尽きません。

家族、友人からは「安く済ませたら?」

と、ひとこと。

しかし、どーーしても最上位のグレードで、オプションを付けてかっこよく決めたい!

1度買ってしまえば、何年も乗るので妥協はしたくない!

そこである方法を試すとヴォクシーを納得の金額で購入することが出来ました。

そんなおススメの裏技をあなたにご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏技とは、下取りは必ず一括査定を使うという方法です。

ディーラーで30万円と言われた下取りが
買取業者で80万円になること多々あります。

一括査定サイトを使うことで、買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を競合し無料査定してくれます。

その結果、その買取価格が吊り上がることがよくあるんです。

車の査定後回しは損・損・損ですよ!