下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏技とは、下取りは必ず一括査定を使うという方法です。

ディーラーで30万円と言われた下取りが
買取業者で80万円になること多々あります。

一括査定サイトを使うことで、買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を競合し無料査定してくれます。

その結果、その買取価格が吊り上がることがよくあるんです。

車の査定後回しは損・損・損ですよ!

2001年の初代発売以来、今に至るまで多くの人に愛され続けているトヨタのヴォクシー。

人気があるということだけではなく、購入する際には実際スペックはどうなのかということなども気になるところですよね。

この記事では、トヨタのヴォクシーのスペック、加速性能、乗り心地等について紹介していきたいと思います。

(引用:http://kakaku.com/item/70100110019/)

 

スポンサードリンク

ヴォクシーのスペックはどう?

 

まずは、ヴォクシーのグレードごとのスペックを紹介していきます。

 

HYBRID ZS

乗車定員:7人乗り

ナンバー 3ナンバー

車両重量(kg):1,620

全長×全幅×全高(mm)4,710×1,735×1,825

ホイールベース(mm)2,850

最低地上高(mm)160

室内長×室内幅×室内高(mm)2,930×1,540×1,400

エンジン

型式:2ZR-FXE

総排気量(L):1,797

最高出力 (PS)/r.p.m :99/5,200

最大トルクN.m/r.p.m :142/4,000

モーター

型式:5JM

種類:交流同期電動機

最高出力 (PS):82

最大トルクN・m:207

 

HYBRID V

乗車定員:7人乗り

ナンバー:5ナンバー

車両重量(kg):1,620

全長×全幅×全高(mm):4,695×1,695×1,825

ホイールベース(mm):2,850

最低地上高(mm):160

室内長×室内幅×室内高(mm)2,930×1,540×1,400

エンジン

型式:2ZR-FXE

総排気量(L):1,797

最高出力 (PS)/r.p.m :99/5,200

最大トルクN.m/r.p.m :142/4,000

モーター

型式:5JM

種類:交流同期電動機

最高出力 (PS):82

最大トルクN・m:207

HYBRID X

乗車定員:7人乗り

ナンバー:5ナンバー

車両重量(kg):1,620

全長×全幅×全高(mm):4,695×1,695×1,825

ホイールベース(mm):2,850

最低地上高(mm):160

室内長×室内幅×室内高(mm)2,930×1,540×1,400

エンジン

型式:2ZR-FXE

総排気量(L):1,797

最高出力 (PS)/r.p.m :99/5,200

最大トルクN.m/r.p.m :142/4,000

モーター

型式:5JM

種類:交流同期電動機

最高出力 (PS):82

最大トルクN・m:207

ZS

乗車定員:7/8人乗り

ナンバー:3ナンバー

車両重量(kg):1,600(1,680)

全長×全幅×全高(mm):4,710×1,735×1,825 (1,870)

ホイールベース(mm):2,850

最低地上高(mm):160 (155)

室内長×室内幅×室内高(mm)2,930×1,540×1,400

エンジン

型式:3ZR-FAE

総排気量(L):1,986

最高出力 (PS)/r.p.m :152/6,100

最大トルクN.m/r.p.m :193/3,800

 

(引用:https://autoc-one.jp/nenpi/3451953/)

 

V

乗車定員:7/8人乗り

ナンバー:5ナンバー

車両重量(kg):1,570 (1,660)

全長×全幅×全高(mm)4,695×1,695×1.825 (1,865)

ホイールベース(mm)2,850

最低地上高(mm)160 (155)

室内長×室内幅×室内高(mm)2,930×1,540×1,400

エンジン

型式:3ZR-FAE

総排気量(L):1,986

最高出力 (PS)/r.p.m :152/6,100

最大トルクN.m/r.p.m :193/3,800

X

乗車定員:7/8人乗り

ナンバー:5ナンバー

車両重量(kg):1,570 (1,660)

全長×全幅×全高(mm)4,695×1,695×1.825 (1,865)

ホイールベース(mm)2,850

最低地上高(mm)160 (155)

室内長×室内幅×室内高(mm)2,930×1,540×1,400

エンジン

型式:3ZR-FAE

総排気量(L):1,986

最高出力 (PS)/r.p.m :152 /6,100

最大トルクN.m/r.p.m :193 /3,800

ヴォクシーのグレードごとのスペックは、上記のような形となっています。

スポンサードリンク

ヴォクシー加速性能

ミニバンは「ファミリーカー」のイメージが強く、走りや加速等に関しては物足りないのではという印象を持っている方も多いと思います。

しかし、ヴォクシーは他のミニバンと比べてスポーティーなデザインが有名ですが、実際のヴォクシーの加速性能はどのような形なのでしょうか。

 

ヴォクシーの馬力は、上で紹介した通りガソリン車が152ps /6,100、ハイブリットカーの場合は99 /5,200に、82PSのモーターが組み合わさっています。

 

エンジンを停止して走る「EVドライブモード」、燃費を向上させる「エコドライブモード」、パワフルな走行が楽しめる「パワーモード」の3段階あり、用途に合わせて走行モードを選択することができ、大変便利です。

高速などで加速が必要な場合にはパワーモード、街の離等で加速があまり必要ない場合にはエコドライブモードに切り替えるといったことが可能です。

ヴォクシーの加速性能に関して、街乗りする分には走行機能は十分だという評判です。

高速で、前の車を追い越す際の加速なども問題はないようです。

90~100kmで走るときであれば、エコモードでも加速に全く問題なく、ストレスなく走行が可能です。

ただし120kmを超える際には、車体の形の特性上風抵抗を受けてしまうという声もありました。

また車体の重心が比較的高いため、安定性に不安な部分もでてくるようです。

また、加速性能に関してガソリン車とハイブリットタイプを比較した場合、ハイブリットタイプはモーターによる加速はそれほど期待できないという声が目立ちます。

そのため、パワフルな加速を楽しみたい方はガソリン車のタイプを選ぶといいでしょう。

(引用:https://iketel.xyz/voxy_review)

ヴォクシーの加速性能に関してまとめると、

・用途に合わせて走行モードを選べて便利

・街乗りや、高速でも120km以下の走行の際には問題ない加速性能及び走行機能

・加速重視の方はハイブリットよりもガソリンタイプのものがおすすめ

といった形になります。

スポンサードリンク

ヴォクシー乗り心地はどんな感じ?

ドライブする際、乗り心地が良いかどうかも大きなポイントになりますよね。

続いて、ヴォクシーの乗り心地に関して紹介していきたいと思います。

まず、ノイズがないかどうかということも車内で快適に過ごせるかどうか大きなポイントだと思います。

ヴォクシーは、風切音対策や遮音材によるノイズ対策が行われています。

ドアミラー形状に工夫を加えることで、風切音の対策を行っており、またダッシュサイレンサーの部分に接着フィルム、またスライドドア下に専用のシールを追加することで遮音性も実現しています。

以上の対策により、静かで快適な車内空間が保たれております。

シートの乗り心地に関してはどうでしょうか。

シート自体は少し硬めに作られているようです。

しっかりした座り心地で、硬めのほうがお好みの方には快適でしょう。

ふんわりしたほうがお好みの方は、クッションやカバー等で調整すれば快適に過ごせると思います。

ヴォクシーのシートで特徴的なのは、なんといっても自在なシートアレンジが楽しめるといった点です。

2列目シートと1列目シートを近づけて、会話をしやすくしたり、2列目シートと3列目シートを全部倒して仮眠がとれるようにしたりと、用途に応じて多様なアレンジができます。

そのため、使い勝手はよいです。

また、一般的に窮屈になってしまう場合も多い3列目シートの乗り心地ですが、座面の高さも長さもどちらも広めにとられているため、成人男性もゆったりと座れるサイズ感です。

またミニバンは車体が高く、視界が悪いことから乗り心地が悪く運転がしにくくなってしまう場合も多いですが、ヴォクシーの場合は窓が広めのため視界の広さが良好です。

またミラーも大きくなっているため、視界の悪さによる乗り心地の悪さは心配ありません。

(引用:https://toyota.jp/voxy/interior/)

まとめると、

・ノイズ対策がとられており、静かで快適な車内環境

・シートは少し硬め

・シートアレンジが自在にできる

・3列目シートはゆったり座れる

・ミニバンだが視界は良好

ヴォクシーの乗り心地については以上のような形です。

ヴォクシー口こみ情報

続いて、ヴォクシーの口こみ情報に関して調べていきたいと思います。

まず、エクステリアに関しては以下のような意見が多かったです。

・見た目がかっこよく、気に入っている

・マスクがかっこいい

・他のミニバンと迷ったが、エクステリアに惹かれて購入を決めた

エクステリアに関しては好意的な評価が多いようです。

 

(引用:https://www.netz-kanagawa.jp/lineup/voxy)

 

続いて、インテリアに関する口こみは以下のようなものでした。

・目新しいものがなくシンプル

・お金がかかっていない印象

・広いけど、樹脂素材でできていて傷がつきやすい

上のような口こみが多くみられました。

好意的な意見が多いエクステリアと比べて、インテリアは安っぽいといったようなマイナスの口こみが散見されます。

つづいて、走行に関する口こみを見ていきます。

・問題がない性能

・加速しても静かでよい

・走行機能に問題がなく、ストレスがない

・ハイブリットは思ったよりパワーがない

・坂道を走るときにパワーが物足りなく感じることがある

走行機能に関しては、上のような口こみがみられました。

おおむね好意的な口こみが多い印象でしたが、ちらほら坂道や高速でのパワー不足を指摘する声もみられました。

【トヨタ voxy】が値引き金額から更に50万円安くする裏ワザ!

ヴォクシー、やっぱりカッコいいです!

https://autoc-one.jp/news/3388945/

ヴォクシーのボディはシャープで洗練されているので、走り屋の希望を叶えてくれます。

それでいて、手頃な価格の設定になっている。
また、乗り心地も良いと評判になってますので、家族で出かけるならヴォクシーは最高のミニバンです。

私も、家族で出かけるために新車ヴォクシーが欲しくなり、グレードや燃費など調べていました。

 

車を購入する時って、楽しいですよね。

しかし、ここで一気に現実に引き戻される出来事が!

欲しい車となればグレードは高くなってしまいしまい、オプションを付ければ

予想をうわまる金額になってしまう。

車を買う時には、よくあることですが残念な気持ちになります。

 

   ・新車欲しいけどやっぱり諦めたくない。

   ・どうせならグレードも高いほうがいい。

   ・オプションも付けたい。

   ・でもでも、欲しい車は高くなってしまう・・・

   ・値下げ交渉も苦手

   ・あちこち回るのも嫌だ。

と、悩みは尽きません。

家族、友人からは「安く済ませたら?」

と、ひとこと。

しかし、どーーしても最上位のグレードで、オプションを付けてかっこよく決めたい!

1度買ってしまえば、何年も乗るので妥協はしたくない!

そこである方法を試すとヴォクシーを納得の金額で購入することが出来ました。

そんなおススメの裏技をあなたにご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏技とは、下取りは必ず一括査定を使うという方法です。

ディーラーで30万円と言われた下取りが
買取業者で80万円になること多々あります。

一括査定サイトを使うことで、買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を競合し無料査定してくれます。

その結果、その買取価格が吊り上がることがよくあるんです。

車の査定後回しは損・損・損ですよ!