下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏技とは、下取りは必ず一括査定を使うという方法です。

ディーラーで30万円と言われた下取りが
買取業者で80万円になること多々あります。

一括査定サイトを使うことで、買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を競合し無料査定してくれます。

その結果、その買取価格が吊り上がることがよくあるんです。

車の査定後回しは損・損・損ですよ!

車の中でも手頃な価格の設定になっている、ヴォクシー!

金額だけではなく乗り心地も良いという噂も聞きます。

ミニバンと言うこともありまして、セダンタイプの車と比較しますとちょっと大きいかもしれません。

では、実際に大きさはどのような感じでしょう?

徹底的に調査してみました。

スポンサードリンク

ヴォクシーの大きさ情報

ミニバンを選ぶにあたって重要なことの一つにボディの大きさがあります。

7人~8人乗りになると、どうしても大きくなりがちなのですが、大きくなると取り回しが悪くなります。

特に道幅の狭い道路や駐車場にとめる際に難しさを覚えるに違いありません。

では、トヨタの小型ミニバンのヴォクシーはどうなっているかカタログの情報から確認してみると、全長が4,695mm、全幅が1,695mmとどちらも5ナンバーぎりぎりのところでおさえています。

引用:https://toyota.jp/voxy/welcab/w_chair_slope/

それに対して全高は1,825mmと旧型モデルに比べて25mm小さくなってるのが特徴です。

全高が低くなっているだけでなく、実は床そのものも低くなっています

そのために旧型と比べると乗り降りがしやすくなっているのです。

 

ヴォクシーの大きさは小型ミニバンとして考えた場合、ぎりぎりの大きさというところですが、乗り降りがしやすく運転の取り回しも悪くありません。

引用:https://toyota.jp/voxy/interior/space/

スポンサードリンク

ヴォクシーサイズ感はどんな感じ

ヴォクシーは他のライバル車に比べ床が低く作られています。

車高自体もミニバンとしてはかなり低めなのですが、床が低いことで室内はとても広く感じます。

室内の圧迫感が少なく、長距離のドライブも快適です。

 

室内空間の広さや快適さはファミリーユースのサイズ感にピッタリです。

シートアレンジで広々ラゲージスペースを作ることができるのも魅力です。

サーフボードやスノーボード、マウンテンバイクなどを積み込むことができる大きなラゲージスペースは遊びの幅をひろげてくれそうです。

引用:https://xn--lckwb3h2azcy453aw75btq1aw4b.jp/plan/

次に取り回しですが、ミニバンを検討するときにもっとも気になるポイントではないかと思います。

 

特に女性ドライバーは心配するポイントです。

お子様のお迎えの保育園やスーパーの駐車場など、大きな車では怖い場所も沢山あります。

大きなヴォクシーではぶつけてしまわないかとても心配、怖くて日常使いができない、そんな声が聞こえてきそうですが、見た目大きく見えますが実は車幅1695mmで5ナンバーに収まるサイズです。

 

フロント周りのデザインも狭い道での取り回しの良さを考えて作られていますし、運転席からの視認性も高いので体の小さな女性の方も安心して運転することができます。

ミニバンの取り回しが心配な奥様も一度運転してみれば狭い路地もストレスなくスイスイと入っていけます。

ヴォクシーは乗りやすく、過ごしやすく、積みやすいラゲージスペース

ゆっくりくつろげ、多彩に空間を利用することができます。

小さなお子様のいる家庭ではベビーカーがそのまま積めることはとても便利な機能です。

大人が沢山乗ってもぎゅうぎゅう感がなく快適に過ごせます。

ヴォクシーはファミリーにとってとても快適な空間を作ることができるミニバンです。

スポンサードリンク

ヴォクシーサイズ比較してみました

現代の自動車業界は、ミニバンカテゴリーが全盛の時代となっています。

ミニバンが長く人気を博している理由としましては、室内空間が大きく確保されていることが挙げられます。

https://toyota.jp/voxy/

室内空間が広いことによって、多くの人を乗せることができ、大きな荷物を載せることができるのです。その利便性の高さから、高い支持を獲得しているのです。
そのミニバン市場におきまして、高い人気の車種のひとつとしてトヨタ自動車が製造、販売をしているヴォクシーを挙げることができます。

では他車と比較してみるとどうなるでしょうか。
日産セレナやホンダステップワゴンと比べてみると、全長や全幅はほぼ同等の大きさになっています。

そして全高だけヴォクシーのほうが低くなっているのが特徴です。

また車格が一つ上のトヨタ・アルファードと比較すると、全長が220mm、全幅が145mm、全高が75mm小さくなっています

全長と全幅はかなりの差となっており、これは運転のしやすさに大きく影響してくると思われます。
ボディサイズが小さければ、当然室内も狭くなってしまうのですが、しかしヴォクシーに実際に乗車してみて狭いと感じることは少ないでしょう。

特に家族で子どもたちが後ろに乗車するのであれば、まったく狭いとは感じないはずです。それよりもむしろ運転がしやすいことの利点が大きいです。

 

ヴォクシーが根強い人気を獲得している大きな要因のひとつとして、丁度良いサイズ感が挙げられます。

室内空間を広く確保するならば、限りなくボディサイズを大きくすればよいのですが、それだと運転がしにくくなりますし、普通乗用車ではなく、大型自動車の分類に入ってしまいます。

限られた寸法の中で、できるだけ広い室内空間を確保することが、ミニバンに課せられた使命です。
ヴォクシーのサイズを他のミニバンと比較した場合、大きすぎず小さすぎない丁度良いサイズ感ということが言えます。

しかし、室内空間は大きく確保されています。

ですから、外寸では想像がつかない広い室内空間が確保されているのです。

同じボディサイズの他のミニバンと比較した場合、ヴォクシーの方が室内空間は広く確保されています。

それでいて、ボディサイズが比較的コンパクトにまとめられているので、運転がしやすいのです。

駐車をする場所を選ぶような事もありません。
このように、ヴォクシーはミニバンの中では中程度のボディサイズでありながら、快適な室内空間が確保され、運転もしやすい万能なミニバンということが言えます。

長く人気を獲得している理由と言えるでしょう。

ヴォクシー後ろで寝れる?   ヴォクシーの大きさで車庫入れは簡単?

家族が増えたりすると、車の乗り換えを考える方は少なくありません。
中でも、ヴォクシーは昔から人気がある車種であり独り身の方でもその乗りやすさから購入する方も沢山います。

しかし、乗り換えをする場合に車庫入れが気になるのではないでしょうか。

ヴォクシーは、大型の部類に入りますので自分の家の車庫に入るのかが気になるところです
まず、ヴォクシーの横幅は運転席からまっすぐに下に落ちているタイプなので運転席から見たときに距離感が掴みやすいと言えます。

引用:https://www.youtube.com/watch?v=l340pqp5O6E

ボンネットの先端も、感覚で覚えるということもなく目で見て判断することが出来るため車庫入れをする場合に擦ったりする可能性が非常に低いのです。
また、外部から見た感じと乗った場合とは大きさが違いスクエアなボディ形状であるためセダンタイプの車種より車庫入れがしやすいと言えます。

リアガラスの位置が、ほぼ後ろの部分であるため後ろを向いて車庫入れすればぶつかることがありません。

今は、バックモニターなども搭載されていますので自分の目とモニターを見ながら車庫入れすれば間違いないでしょう。

引用:https://minkara.carview.co.jp/userid/485682/car/
そして、基本的には五ナンバータイプであるため見た目とは違いコンパクトな形状であると言えます。車庫入れだけではなく、細い道で反対斜線から来る車との感覚も安心であります。

こうしたことからも、女性でも安心して乗ることができる車であることが分かるのです。
このように、たくさんの車種がありますが大きな車に乗り換えを検討されている方には安定感がある車種であることがうかがえます。

子供がいる家庭や、チャイルドシートなどがまだ必要な家庭では中は広く外側は大きすぎないヴォクシーが人気であることが間違いありません。

【トヨタ voxy】が値引き金額から更に50万円安くする裏ワザ!

ヴォクシー、やっぱりカッコいいです!

https://autoc-one.jp/news/3388945/

ヴォクシーのボディはシャープで洗練されているので、走り屋の希望を叶えてくれます。

それでいて、手頃な価格の設定になっている。
また、乗り心地も良いと評判になってますので、家族で出かけるならヴォクシーは最高のミニバンです。

私も、家族で出かけるために新車ヴォクシーが欲しくなり、グレードや燃費など調べていました。

 

車を購入する時って、楽しいですよね。

しかし、ここで一気に現実に引き戻される出来事が!

欲しい車となればグレードは高くなってしまいしまい、オプションを付ければ

予想をうわまる金額になってしまう。

車を買う時には、よくあることですが残念な気持ちになります。

 

   ・新車欲しいけどやっぱり諦めたくない。

   ・どうせならグレードも高いほうがいい。

   ・オプションも付けたい。

   ・でもでも、欲しい車は高くなってしまう・・・

   ・値下げ交渉も苦手

   ・あちこち回るのも嫌だ。

と、悩みは尽きません。

家族、友人からは「安く済ませたら?」

と、ひとこと。

しかし、どーーしても最上位のグレードで、オプションを付けてかっこよく決めたい!

1度買ってしまえば、何年も乗るので妥協はしたくない!

そこである方法を試すとヴォクシーを納得の金額で購入することが出来ました。

そんなおススメの裏技をあなたにご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏技とは、下取りは必ず一括査定を使うという方法です。

ディーラーで30万円と言われた下取りが
買取業者で80万円になること多々あります。

一括査定サイトを使うことで、買取業者に出向かわなくても
大手下取り業者の最大10社が
あなたの愛車を競合し無料査定してくれます。

その結果、その買取価格が吊り上がることがよくあるんです。

車の査定後回しは損・損・損ですよ!